記事一覧

台湾のバス②

ファイル 849-1.gifファイル 849-2.gifファイル 849-3.gifファイル 849-4.gif

 色鮮やかな台湾のバス。

台湾のカー用品店はリーズナブル。

ファイル 848-1.gifファイル 848-2.gifファイル 848-3.gif

 台湾のLED照明や室内小物アクセサリーなど、為替レートが日本円に不利なっている最近でさえ日本で買うより安い。
 さらに、スタッフに値引き交渉をすると物によっては、半額近く値引いてくれるものもあったり日本では販売されていないカー用品があったり台湾のカー用品店は、面白い。

久々に台湾のバス①

ファイル 847-1.gif

 最近の台湾のバス。三菱製で左ハンドル。

生地張り替え

ファイル 846-1.jpgファイル 846-2.jpgファイル 846-3.jpg

 ベッドルームの枕元にある装飾が汚れと劣化がひどいため、生地を張り替える。
 丸めている生地は、純正を取り外した汚れた生地。

レザー張り替え

ファイル 845-1.jpg

 古くなったレザーを張り替え。
 写真上は、張り替え後、下は、張り替え前で一部レザーに穴が開いている。

ウォーターヒーター交換②

ファイル 844-1.gifファイル 844-2.gifファイル 844-3.gifファイル 844-4.gif

 ガス管は、すでにナットを通したフレア加工になっているため、新しいヒーター側のゴムブッシュを入れることができない。そこで、結束バンドを使いブッシュを広げナットを通す。
 今回取り換えたウォーターヒーターは、純正の固形モデルで最新モデル。配線とスイッチへの取り回しが純正と異なる。また、熱源は、ガス、電気、モーターエイドの種類が利用できる。

ウォーターヒーター交換

ファイル 843-1.gifファイル 843-2.gifファイル 843-3.gifファイル 843-4.gifファイル 843-5.gif

 ウォーターヒーターの機能は、全く問題ないが錆や汚れが気になるため新品に交換することに。
 純正のウォーターヒーターの配線を外し、固定されているビスを取り除き、シールをカットして引っ張り出す。
 ウォーターヒーターを取り外した床には、水が漏れたような形跡や支えの腐食があるため防腐塗料を塗布し支えを製作し直す。

二重ガラスの曇り②

ファイル 842-1.gif

 写真は、二重ガラスのフレームを外し、ガラスとガラスを接着している接着剤を一部取り除いた状態。
 ここまでくれば、2枚のガラスを1枚にできる。

二重ガラスの曇り①

ファイル 841-1.gif

 キャンピングカーのセールスポイントでもある二重ガラス。
 大きな室内温度の違いが体感できるほどでない上に、内部に水が入ったり、内部が汚れると外の見通しが悪く少々厄介である。
 写真は、内部が汚れた2重ガラス。内部が汚れるといくらガラスを磨いても曇った状態。

キャンピングカーエントランスドアのキーレスリモコン化③

ファイル 840-1.gif

 エントランスドアのドアロックモーターへ電源を供給するため、スライドドア用接点を利用する。
 スライドドアとエントランスドアは、動きが異なりる。
 エントランスドアにこの接点を取り付ける場合、閉める際に接点の金属に斜めの力がかかり、折れることも考えられる。そのため、写真のように結束バンドで根もとを締め、接点の出っ張りを短くする。実際のエントランスドアの隙間は、5mm前後のためこれでも十分すぎる。

キャンピングカーエントランスドアのキーレスリモコン化②

ファイル 839-1.gifファイル 839-2.gifファイル 839-3.gif

 エントランスドアを開口せずに配線を通し、アクチュエーターを取り付けるために以下の方法で配線の通り道を作る。
①エントランスドアのロックを外す。
②ドアロックと反対側に配線を出す部分にドリルで穴をあける。
③上の①②を直線で結んだドア内部に配線の通る穴をあける。
 エントランスドア内部は、発砲スチロールであるため施工が簡単である
④約90cmのロングドライバーの先端5cmくらいをバーナーであぶり、熱を加える。
⑤そのドライバーをドアロック側とその反対に空けた穴から何度も突き刺し、配線の通り道を作る。
⑥貫通した穴にドアロック電源用配線を通す。その際も穴あけに利用したロングドライバーを使う。
つづく・・・

キャンピングカーエントランスドアのキーレスリモコン化①

ファイル 838-1.gif

 ネットを検索するとDIYでエントランスドアにモーターが入る部分を開口し、モータを取りけたという情報を見つけることができる。
 キーレスエントリーを取り付けたいがエントランスドアを開口してふたをするのは、どうも気が引ける。
 そのため、外観上はキーレスがついてることが分からない(外観の現状に手を加えない)方法でキーレスエントリーを取り付ける方法を検討。
 まずは、写真のアクチュエーターをドア内部に埋め込む方法を円筒する。