■スタートページに設定する■ ■お気に入りに追加する■

■ パワーウインドーモーター修理事例 ■
 【症状】
 パワーウインドースイッチを押しても動作しないことがある。繰り返しスイッチを小刻みに押すと動作する。
 【車両】
 ウイネベーゴ クラスA 1996年式
@  ドアの内張りを取外し、スイッチを押した時にモーターに電源が供給されるかどうか確認する。
 UP,DOWNともにで元は電源は正常に供給されている。
A  モーターの可能性が高いため、モーターを取外しDC12Vを流して単体試験を行う。
 
B  単体試験の結果、一部分で動きがわるい箇所があるため、モーターを分解する。

C  削れて欠けている部分がある。この部分の磁力が弱くなり、モーターが動作しなかったことが予想される。
 ケース内には、金属片などがないため、製造時に欠けたのではないかと
予想される。
D  ついでにモーターのブラシも交換する。ブラシは、東芝性でモーターのサイズに合わせて削っている(右側)。 E  欠けのあったコイル部は、ギアが破損した他のモーターのコイル部を移植する。
F  モーターを組み立て、元通りに取り付け、さらに結束バンドで配線を固定する。 G  正常に動作することを確認して、ドアの内張りを元通りに戻す。
作業時間 作業難易度 作業ポイント 実用度
2時間 電源やモーターの抵抗値などテスターを使い、把握すること。
部品取り用モーターなどが手に入ればさらに良い。
Copy right 1999 Net-Camper

トップページへ戻る■