記事一覧

走行中に見る各種RV  その5 トイ・ホーラー(Toy Hauler)

ファイル 811-1.jpgファイル 811-2.jpg

最近はトイ・ホーラーを良く見掛けます。 既に書きました様に、大人のオモチャであるオートバイ、バギー、クオッドと呼ばれるオフロード車、その他クラシックカーやスポーツカーを載せている人も居ます。 各種のトイ・ホーラーRVが有りますが中でも5thホイールやトレーラーが多く見られます。 

一般的に後部にトイ積み下ろし用のドアーがあり、上部を引いて開きますと積み下ろし用のランプになる様に作られて居ますが、デイーゼルプッシャーの場合はエンジンが後部に有りますので横から積み下ろしが出来る様になっています。

走行中に見る各種RV  その4 RV運転マナー

ファイル 810-1.jpgファイル 810-2.jpgファイル 810-3.jpgファイル 810-4.jpg

“そんな事はどうでも良いでは?”と感じるマナーもありますが、相手(周りの人)に迷惑に成らない様にする行為、不快感を与えない行為がマナーで、国や時代に依って大きく異なります。

すれ違いマナー:
“走行中に見る各種RV”の写真を数回に分けて50台以上添付しましたが、殆ど全てのRVがセンターラインから離れた端、即ち路肩に近い部分を走行している事にお気付きでしょうか?  何故車線の端を走って居るのでしょう?

昔カナダの田舎道を走行中に向かって来るトラックの運転手が手を上げて挨拶(?)の様な仕草をする人が稀に居る事に気が付きました。 RV同士が手を上げる事は昔はよくありましたが、トラックの運転手が手を上げる事には理解が出来ませんでした。 ある時、私が端を走っている事を良い事に向かって来たトラックがセンターラインを踏む様にしてすれ違って行き、“此れだ”と気が付きました。 即ち、私が対向車に対して十分なスペースを提供して対向車が気持ちよく安全にすれ違える行為に対する感謝の挨拶らしい事に気が付きました。 

昔は自分が端を走っても対向車の大型トラックは車線の中央を走るトラックが少なくなくて威圧感を感じる事がシバシバありましたが、現在は殆ど全ての大型車がセンターラインから離れた端を走ってすれ違っています、即ちこれが運転のマナーとなっています。 100Km/時前後の高速で対向車とすれ違った場合にお互いが車線の中央を走るのと車線の端を走るのでは風圧に依る揺れや安心感が大きく異なります。 非常に良いマナーだと思います。 乗用車は対向車の風圧を感じない事もあるとは思いますが車線の中央を走る車が一般的ですし、RV、特にレンタルRVを運転している人の中にはこのマナーに気が付いて居ないと思われる人も居ます。

この様なマナーはアメリカ国内では使われて居ない様な気がします。 昔はカナダのトラック運転手は荒い運転をし、アメリカのトラック運転手はジェントルマンでしたが、最近は逆になってアメリカのトラック運転手の方がイヤらしい運転、即ち迷惑な運転をする人が多い様な気がします。  日本の片側1車線の道路(中央分離帯の無い)の速度制限は60Km/時程度と思われますのですれ違い時に危険は感じないと思いますのでこの様なマナーは定着しないと思われます。

参考:
昔はRV同士がすれ違う際に当たり前の様にお互いが手を上げて居ましたが、最近は手を上げるRV運転手は滅多に居ません。 RVフォーラムでこの事を嘆いている人も居ます。

追い越しマナー:
片道1車線の道に限った事ではありませんが、追い越しをして元の車線に戻る際は十分な車間距離を置く事が追い越された車に対する思いやりで、アメリカ国内を走る優良運送会社(企業)のトラックの運転手は例え後続車が居ても追い越した車の直前に割り込む様な事はしない様に感じます。 私自身も追い越した際は、特に自分の後ろに後続車が居ない場合は出来るだけ車間距離を取って元の車線に入る様に心掛けています。 しかし、日本の高速道路ではバスやトラックが追い越した後、例え後続車が居なくても直前に割り込んで来る事がシバシバあり、私は余り良い気持ちがしません。 短い車間距離を持って車線変更をしても当たり前の事でマナーが悪いとは感じて居ないのでしょう? 此れに反して長い車間距離を置いて信号待ちをする車が意外と多い事が気になります。 時には少々車間距離を縮める事で信号待ちの渋滞が大きく解消出来る様に感じる状況もあります。 緊急車が来ても車間距離を大きく取って動こうとしない車も居ます。 此れはマナーの問題でしょうか、運転が未熟なのでしょうか、それとも常識の問題でしょうか?

追い越し/追い越されマナー:
大型車が追い越しをしている際に自分の車と十分な車間距離が出来た時にヘッドライトを点滅(夜間や昼間走行ライトの場合は消灯)させて安全に車線変更が出来る事を合図し、又追い越したトラックは車線変更後にテールライトを2-3度点滅して感謝を表現する行為が昔は一般的でした(マナー?)。 マナーは時代と共に変化し、この様な合図を送るトラック(バス)は昼間の明るい時の通常の走行時は稀になりましたが、急な上り坂で追い越しトラックに車線変更可能を合図する場合や、夜間はバックミラーに映る車との車間距離がヘッドライトのまぶしさの為に解り難い為、現在も大型トラックの間では一般的にこの習慣(マナー?)が使われています。 又、優良運送会社(企業)のトラックの中には昼間でもこのマナーを現在も続けている会社がありますが、その理由は社内の安全教育が徹底している事や運転手自身もプライドを持って運転をしているからだと思われます。 反対にこのマナ
ーが薄れた理由は運転手不足の為に外国から入って来た運転手や若い運転手が増えた事に依るのかも知れません。 時には接触しそうな距離で追い越したり、方向指示器を使わずに追い越して行くトラックも稀に居ます。 

参考:
追い越し車に合図を送る為に前照灯を点滅させたり尾灯を点滅させる為のスイッチ付きのハンドルが1990年代に現れました(写真右下)。 ダッシュボードに手を伸ばす必要が無くて便利な物です。 写真に写っていますハンドルの中央左のライトのマークが付いたスイッチは前照灯を点滅、ハンドルの中央右のテールライトのマークが付いたスイッチは尾灯並びに後部の全てのマーカーライトを点滅(夜間は消灯、昼間は点灯)させます。

走行中に見る各種RV  その3 RVで行ける場所

ファイル 809-1.jpgファイル 809-2.jpgファイル 809-3.jpgファイル 809-4.jpgファイル 809-5.jpg

アメリカに於いてはハワイを除いた49州全ての州にRVで行けます。 
カナダの場合はどうでしょう?
カナダの面積はアメリカとほぼ同じで全部で13州有り、その内10州はプロビンスと呼ばれる州(オンタリオ、ケベック、ノーバスコーシャ、ニューブルンズイック、マニトーバ、ブリテイッシュコロンビア、プリンスエドワードアイランド、サスカチュアン、アルバータ、ニューフォンドランド)で、3州はテレトリーと呼ばれる準州(ノースウエストテレトリー、ユコン、ニューナブート)です。

カナダの州の中にはプリンスエドワーズ島やニューフォンドランドの様な島の州が有りますがプリンスエドワーズ島の場合はフェリーが定期的に就航している上1997年には全長約13Kmの橋が出来ましたし、ニューフォンドランド島の場合も、少々時間は掛かりますが、ノーバスコーシャのハリファックスから1日数便の大型フェリーが就航しています。 夏のニューフォンドランド島の周辺、特に北側と東側には大きな氷山が流れ着き、景色も非常に良い所ですので可なりの数のRVerがフェリーを利用して渡っています。

カナダにはRVでは行けない州(準州)があります。 カナダで一番大きな州でカナダ全土の約五分の一の面積を持つニューナブート州です。 行けない理由は通じる道が無いからです。 従って私も行った事はありません。 

走行中に見る各種RV  その2 昼間のヘッドライト点灯走行

ファイル 808-1.jpgファイル 808-2.jpgファイル 808-3.jpgファイル 808-4.jpg

写真に写っているRVの多くはヘッドライトを点灯して走行して居ますが、カナダでは1989年12月以降に販売又は輸入された車は自動昼間走行ライト(automatic daytime running lights =DRL)、即ち昼間も自動的にヘッドライトが点灯する事が法律で義務付けられています。 従ってヘッドライトを点灯していない車は1989以前の車、アメリカから乗り入れた車、ヘッドライトが壊れている車等と考えられます。

アメリカからカナダに乗り入れる場合は昼間のヘッドライト点灯は免除されて居ますが、東部のノーバスコーシャ(Nova Scotia)州の一州だけは例外で全ての車が昼間ヘッドライト点灯を義務付けられています。

カナダで昼間のヘッドライト点灯が義務付けられた直後にアメリカでもジェネラルモータース(GM)社はヘッドライトに関してカナダと同じ仕様での製造を始めましたが、様々な理由で反対に会い、現在も法律では義務付けられてはいません。 しかし、アメリカでも昼間のヘッドライト点灯を義務付ける道路標識が立っている場所もあります。

アメリカで販売されている最近のRVの多くは自動昼間走行ライトの機能を装備している様で、エンジンを掛けてもヘッドライトは点灯せず、ギヤーを入れると点灯する仕組みになっています。

走行中に見る各種RV  その1 田舎道で見るRV

ファイル 807-1.jpgファイル 807-2.jpgファイル 807-3.jpgファイル 807-4.jpg

大都市近辺の高速道路ではクラスAやクラスCをよく見ますが、自然が多い、どちらかと言うと田舎と呼ぶにふさわしい地方ではトラベルトレーラー、5thホイール、クラスCに混ざってスライドインキャンパー(ピックアップ・トラックキャンパー)も良く見掛け、クラスAの数は少ない様に思われます。 
上段2枚目の写真に写っていますフィアット製クラスBはヨーロッパから渡って来て旅行を続けている様で、EUのナンバープレートが付いていて,“E”の文字や右上に張られている国旗からスペインから来ていると思われます。
アメリカやカナダではレンタルカー(写真2段目2枚目)のRVも多く、クルーズ・アメリカRV(Cruise America)、エルモンテRV(El Monte)は全国各地で見、ヨーロッパやオーストラリア(ニュージーランド)から来た外国人も良く利用しています。

RVパークに関して  その5  Why 牽引RV?  Why not 牽引RV?

ファイル 806-1.jpgファイル 806-2.jpgファイル 806-3.jpgファイル 806-4.jpg

今回例に取り上げているRVパークで写した写真を見ますと、トラベルトレーラーや5thホイール等の牽引タイプのRVが多い事と共にピックアップトラックが多い事にも気付かれた事と思います。 5thホイールはトラックの荷台に取り付けられたサドルで牽引する構造になって居ますので当然ですが、トラベルトレーラーも重量のある車、即ちトラックで牽引した方が操縦性が良くなります。

1970年以前はクルーキャブやエクステンデッドキャブの様な2人以上乗れるトラックは有りませんでしたので家族でRV旅行を楽しむにはキャデイラック、リンカーン、クライスラー等の大型の乗用車やステーションワゴンのサスペンションを補強してトラベルトレーラーを牽引して居ました。 1970年以降にはクルーキャブやエクステンデッドキャブのピックアップトラックが徐々に増え始め、ピックアップトラックでトラベルトレーラーを牽引する人が増え始め、同時にこの頃に5thホイールがポピュラーに成り始めました。

トラベルトレーラーや5thホイールはエンジンやトランスミッション等の複雑な駆動装備が付いて居ませんので自力では走行出来ませんが、その分安価に製造出来ますし、維持費も安くなります。 

牽引する車はRVを牽引する以外に普段は通勤や買い物に使え、特にトラックの場合は家の修理や庭仕事にも使えます。 若し、新しい(例えば大きな)トラベルトレーラーや5thホイールに買い替えたい場合は安価な分手軽に買い替える事が出来ます。

アメリカでも都心では小型の乗用車やSUVがポピュラーですが、郊外や地方ではピックアップトラックは非常に実用的で、アラスカ州、テキサス州、モンタナ州、ワイオミング州の様な自然豊富な州では1軒に必ず1台のピックアップトラックが停まっている様な感じを受けます。 当然この様な地方では敷地が広く、駐車スペースは豊富ですのでトラベルトレーラーや5thホイールもポピュラーに成ります。

日本の場合は駐車スペースの問題があり、トラベルトレーラーや5thホイールは敬遠されるかも知れません。 又、人気が無ければ買っても売る時に値が下がり、そうなれば買う事も躊躇されてしまいます。 
従って、日本ではハイエースやキャラバンを改造したRVや軽自動車のRVが最適で、今後も自走タイプのRVが増す事になるのでしょう?  どの様なタイプのRVであっても数が増せばRVパークを活用する人も増し、当然RVパークも増える事になると思いますが、如何にRVパークがRVerを引き寄せる事が出来るか?  又、RVerが如何にそれぞれのRVパークに宿泊する価格、場所、価値等に魅力感じる事が出来るかもRVパークが増すカギになりそうです。

RVパークに関して  その4 異なるRVが集まる

ファイル 805-1.jpgファイル 805-2.jpgファイル 805-3.jpgファイル 805-4.jpg

RVパークに依って集まるRVの種類が異なる傾向があります。  高級リゾート地にある様なRVパークには観光バスを改造したタイプを含めた大型高級クラスA、 RVクラブがグループで集まれる様なRVパークには一般的なクラスA、子供と家族で楽しめる場所にあるRVパークにはトラベル・トレーラーや5thホイールが集まる傾向があります。 又、カルフォルニア州、アリゾナ州、ユタ州の砂漠地帯にはトイホーラーと呼ばれるRVの後部にオートバイやバギーが積載出来る構造のRVが多く集まって来て、その多くはトラベル・トレーラーや5thホイールです。 クラスAのトイホーラーもありますが、クラスAの場合はオートバイやバギーを載せたトレーラーを牽引する人が多く、クラスAのトイホーラーが少ない理由はクラスAの最後尾にオートバイやバギーを積載しますと前輪が軽くなり過ぎて直進性を失い、操縦性に問題が生じるからだと思われます。 又、デイーゼルプッシャーの場合はエンジンが後尾に有りますのでスペース、機能、経済性を考慮すると効率的ではありません。

今回取り上げていますRVパークは子供連れの家族が楽しめる典型的なもので、トラベル・トレーラー、小型/中型の5thホイール、スライドイン・キャンパー等が断然多くてクラスAは僅かです。  
写真に写っているエリアのサイトには全て電源の設備が付いて居ますの電源を必要とする長期滞在者のRVが多いのですが、電源の設備が付いていないエリアにはテント・トレーラー、スライドイン・キャンパー、更にはオートバイで来たテント等が多く、又、1夜限りのクラスAも含めて種々異なるRVが駐車しています。 

金曜日から土曜日に掛けては何処のRVパークも混み、サイトの空きが無い場合は〝オーバーフロー・エリア“と呼ばれる溢れ出したRVの為の単に駐車するだけの場所を設けているRVパークも少なくありません(このRVパークにも在る)。

プル・スルー(Pull through):
モーターホームは勿論、トラベル・トレーラー、5thホイール等、全てのRVはバックが可能ですが、モーターホーム(クラスA、クラスB、クラスC)で乗用車やSUVを牽引している場合はバックは出来ません。 バックをしますとトウバーと呼ばれる牽引連結棒に横に曲げる力が加わり、トウバーを壊したり牽引している車を壊す事になりかねません。
その為、多くのRVパークにはプル・スルーと呼ばれる、バックを必要としない、即ち牽引車を外さずに駐車が可能なサイトも用意されています。 上のスケッチの1、14、58、69、70、73、74、81、82等はプル・スルーと呼ばれるサイトです。
日本でも使われていると思いますが、ファーストフードのお店には車を降りずにハンバーガー等を買う事が出来るドライブ・スルーと言う言葉があります。 人に依ってはプル・スルーをドライブ・スルーと呼ぶ人も居ますが、それでも通じます。

RVパークに関して、  その3 RV専門用語 続き

ファイル 804-1.jpgファイル 804-2.jpgファイル 804-3.jpgファイル 804-4.jpg

説明が前後しますが、ホールデイングタンクに関して更に説明します。

ダンプステーション(Dump station):
殆ど必ずと言ってよい位、RVパークには敷地内の片隅にダンプステーションがあります。 ダンプステーションのダンプとは“捨てる”を意味し、ダンプトラックは捨てる機能を持ったトラック、ダンピングは捨てる様な価格でを意味します。 従って、RV専門用語でのダンプはホールデイングタンクを空にする意味します。 町から離れた下水処理が整って居ない地域にあるRVパークにはフルフックアップのサイトは有りませんが、この様なRVパークでも一般的に敷地の片隅にダンプステーションが在りますので、RVパークを後にする前に立ち寄ってホールデイングタンクを空にする事が出来ます。 
ダンプステーションはRVパークに限らず、アメリカでは色々な所に在ります。 よくある所は高速道路のレストエリアの入り口や出口近く、大きなガソリンスタンド(特にトラック用)、市や町が管理する公園の中等です。 アメリカの北西部の州やアラスカ州にフレッド・マイヤーと言う大きなスーパーが在りますが、このスーパーの所在地(RVが多く通過する道路沿い)に依っては無料のダンプステーションとフレッシュウオーター(飲料水)が設置してある所もあります。

スワーホース(Sewer hose):
汚水の事をスーエッジ(Sewage)と言い、汚水を流す下水管をスワー(Sewer)と呼び、RV用語でスワーホースと言えばホールデイングタンクを空にする蛇腹状の汚水ホースを意味します。 

写真上左:
青いサインはダンプステーションの所在を示すもので、高速道路でも時々見ます。 RVパークに設置されたダンプステーションを意味する場合もあり、全て無料とは限りません。
RVのホールデイングタンクは一般的にRVの左側からダンプする構造になって居ますので、ダンプステーションがRVの左側に来る様に駐車します。 この写真のダンプステーションは市が経営する旅行者向けのインフォメーションセンターの駐車場に在り、無料でダンプが出来て10m程前進すればフレッシュウオーターも補充出来る様になっています。 
フレッシュウオーターを必要としない場合も、ダンプが終わった後は速やかに少なくとも10m程度前進して後で来るRVが使える様にする事がRVerの一般常識となっています。

写真上右:
此処はレストエリアの出口近くにあるダンプステーションで、ワシントン州にはこの様に3レーンのダンプステーションが設置されたレストエリアが何か所かあります。 時には全てのレーンが使われていて、待つRVを見る事もあります。 ワシントン州やアラスカ州にはRVでの旅行者が多く、同時にRVを所有する人やRVデイーラーも多く感じられます。

写真下左:
ダンプをする設備はほぼ同じ形状で、汚水が流れ出さない様に回りが高くなっていて中央にスワーホースを差し込む穴が開いています。 この穴は通常鉄製の蓋がされていますが、たくわん石の様な大きな石が置かれている場合も少なくありません。 横に立っている茶色の棒は水道管で、ダンプをした後にスワーホース等を清掃する為の物で、この水は決して飲んではいけません。 注意書きがありますが、当然フレッシュウオータータンク用でもありません。

写真下右:
フレッシュウオーター用の水はRVを前方に通常10m-20m移動した場所にあります。

ページ移動