記事一覧

カナダを走行中に見る景色

ファイル 820-1.jpgファイル 820-2.jpgファイル 820-3.jpgファイル 820-4.jpgファイル 820-5.jpg

カナダは広いものの人口密度が低い為道路が少なく、大都市を結ぶ東西に走る高速道路が少数ありますが、南北に走る高速道路は全くと言って良い位ありません(写真上左)。 大都市、例えばバンクーバー、エドミントン、カルガリー、トロント、モントリオール等の大きな町には高速道路が走って居ますが、大都市以外の多くの町は幹線道路で結ばれて居ても町の中は信号機のある一般道です。

南北に走る幹線道路(一般道=下道)は片側1車線が多く、急な上り坂、街中、交通量が多い地域には片側2車線があります。 制限速度は一般的に90Km/時、100Km/時が殆どで、町に近付きますと順次70 Km/時、60Km/時の制限速度表示があって街中の制限速度は50Km/時が一般的です。 しかし、町から離れた直線道路の部分では110Km/時や更には120Km/時の場所もあります(写真上右)。 一般道の場合は例え110Km/時の制限速度サインが出ていてもその直後に交差点がある場合もありますし、信号機が付いて居る場所もあります。 私は110Km/時のサインが有っても通常92 Km/時で走行します。 しかし、上の写真の110Km/時のサインがある地点から1-2Km先に信号付き交差点があり、この交差点に近付く時は何時も“黄色に変らないで呉れ”と祈る様な気持ちで通過します。 恐らく、数百メールトル手前にセンサーが取り付けられていて車が来ない時に赤信号に変化するものと思われます。

カナダでは野生動物に注意の標識を良く見かけますし、注意をする区間距離は様々で長い場合は70Kmと表示されて居る場合もあります(写真中左)。

道路工事にもよく遭遇します(写真中右)。 通常は徐行をして通過が出来、待たされても5分以内の待ち時間で通過が出来ますが、長い道路工事区間で交通量が多い場合は30分以上待たされる事もあります。 工事区間の始まりには必ず誘導員が片側に“STOP”その裏側が“SLOW”のサインを持って立っていて、手を上げれば必ず笑顔で応じて呉れます。 写真は今回の旅行で写したものだけで多いのではありますが、写真を写さなかった工事中の場所はまだまだ沢山ありました。
事故や災害で待たされる事もあります。 幹線道路が少ない為に迂回が出来ない、又は迂回が出来ても100Km以上の迂回になる事もあります。 私は昨年は行き帰りとも山火事の為に約200Km余分の迂回をし、今年も帰りに200Kmの迂回をしました。 3年ほど前は橋の上でのトラック事故の為に3Km程度引き返して山越えの迂回をしました。 以前旅行中にRVパークで会った人は山崩れの為に道が閉鎖されて、走って来た道をアラスカ州迄戻って、約400Km、最初に山崩れ現場迄走った295Kmの無駄も含めますと700Kmの迂回をした事になります(距離はグーグルマップで調べた数値)。 ほぼ同じ場所で私は山火事の為に半日待たされた事がありますが、私は半日で済みましたが中には3日待った人も居ました。 地元の人は殆ど居らず、この地域を走る旅行者はRVが多いのですが、乗用車やオートバイで旅行をしている人も居ました。 パイロットカー(先導車)に先導されて煙で視界が悪いデコボコの悪路、そしてアチコチで消火活動の為に停車して居る消防車を見ながら約1時間程ノロノロ運転をしました。

幹線道路沿いには鉄道線路をよく見かけます。 多くの場合はコンテナ、石材専用、木材、木くず等の専用の貨車ですが、時には列車を見る事があります(写真下)。 速度は非常に遅く、自動車が道路工事等で2-3分停車しても又追い付く速度です。

アメリカのインターステート5号線を走行中に見る景色 

ファイル 819-1.jpgファイル 819-2.jpgファイル 819-3.jpg

西海岸を南北に走る幹線は5号線で、カルフォルニア州のサンデイエゴの南のメキシコ国境からワシントン州のシアトルの北のカナダ国境迄約2200Km繋がっています。 途中、山、川(橋)、トンネル、砂漠地帯、色々な景色があり、カルフォルニア州の南部とワシントン州の一部を除いて、殆ど内陸を走りますので海は見えません。

ロスアンジェルスの北にある山を越えますとベーカースフィールドからトレーシー迄砂漠地帯が約350Km続きます。 地形は平坦でブドウ/プラム/ネクタリン/キーウイ―等のフルーツ、クルミ/ピスタシオ/アーモンド等のナッツ、その他が収穫されます。 農耕用の飛行機が種蒔き/殺虫噴霧(?)で低空飛行をして居る事もあります。 缶詰用のトマトも大量に収穫されていて、収穫された缶詰用のトマトを工場に輸送するトラックを頻繁に見掛けます写真(上左)。 不思議なのはトマトを満載したトラックが北に向かって居るものが在れば南に向かって居るものもあります。 当然ですが、大きな缶詰工場が何カ所かに分散して居るのでしょう。  

カルフォルニア州南部は雨が少なく、2月から11月頃迄は殆ど雨が降りません。 フルーツ、ナッツ等を栽培するには、特に5号線沿いの砂漠地帯では、水が重要です。 その水はサクラメント川やコロラド川から人工水路を使ってロスアンジェルス方面に供給され、その人工水路の総延長は1000Kmを超えて世界で一番長いそうです(写真上右)。

川の水の多くは雪解け水で、雪が少ない年の夏は水不足になり、特にロスアンジェルスでは水不足が深刻で芝生に水まきが禁止されたり、洗車が制限される事もあります。 普段でも栓が付いて居ないホースを使用しての洗車は禁止されて居る様です。  約30年前に深刻な水不足があった際は、ワシントン州方面からオイルタンカーを使って水を運んだり、アラスカ方面から氷山を牽引して来るなどの話も出て居ました。 ブリテイッシュコロンビア州の今回行った地方では水が豊富で水道は無料です。 その地域に住む友人の洗車用ホースの水が出しっ放しにしてあった為バルブを閉じて説明しましたらその地方では水道料金は昔から無料で、水の使用料を払う事が信じられない様子でした。

5号線沿いには大きな牛の牧場もあります(写真下左)。 この牧場には常に7万頭から10万頭の牛が居るそうです。 ロスアンジェルスから北に向かう際は右側に見え、風向き次第では独特の牧場の臭いが車の中まで入って来ます。

走行中に見る各種RV  その3 RVで行ける場所

ファイル 809-1.jpgファイル 809-2.jpgファイル 809-3.jpgファイル 809-4.jpgファイル 809-5.jpg

アメリカに於いてはハワイを除いた49州全ての州にRVで行けます。 
カナダの場合はどうでしょう?
カナダの面積はアメリカとほぼ同じで全部で13州有り、その内10州はプロビンスと呼ばれる州(オンタリオ、ケベック、ノーバスコーシャ、ニューブルンズイック、マニトーバ、ブリテイッシュコロンビア、プリンスエドワードアイランド、サスカチュアン、アルバータ、ニューフォンドランド)で、3州はテレトリーと呼ばれる準州(ノースウエストテレトリー、ユコン、ニューナブート)です。

カナダの州の中にはプリンスエドワーズ島やニューフォンドランドの様な島の州が有りますがプリンスエドワーズ島の場合はフェリーが定期的に就航している上1997年には全長約13Kmの橋が出来ましたし、ニューフォンドランド島の場合も、少々時間は掛かりますが、ノーバスコーシャのハリファックスから1日数便の大型フェリーが就航しています。 夏のニューフォンドランド島の周辺、特に北側と東側には大きな氷山が流れ着き、景色も非常に良い所ですので可なりの数のRVerがフェリーを利用して渡っています。

カナダにはRVでは行けない州(準州)があります。 カナダで一番大きな州でカナダ全土の約五分の一の面積を持つニューナブート州です。 行けない理由は通じる道が無いからです。 従って私も行った事はありません。 

300両(7Km)のコンテナ貨物列車

ファイル 484-1.jpg

デイーゼルバーノンさんと賢さんが貨車の長さに興味を示されていましたので、調べてみました。

アメリカでもカナダでも貨物列車の長さ制限は無いそうで、走行する地形(カーブ、勾配)に依って安全を考慮して鉄道会社自体が長さを制限している様です。 又、多くの長距離路線は単線で、走行頻度は高い為に長さに対処出来るすれ違い車線も必要になりますし、行き先に応じた貨車配列施設も大いに長さに影響があると思われます。

先頭機関車が牽引するだけの場合も含めて現在の平均長さは7,000フィート(2,133m)-8,000フィート(2,438m)が一般的な様ですが、技術の進歩で今後益々長く成るようです。前後の機関車の駆動とブレーキの連動は自動的に無線で行われて居るそうで、この無線装置にも長さの限度があるそうです。

次のYoutubeには超長いコンテナ貨車の試験走行が紹介がされています。 http://www.youtube.com/watch?v=wbOvwvRbOxE&feature=related
1両の貨車が24mですので300両余りで7200m、即ち7Km以上の長さとなります。 町中では時速30Km以下のノロノロ走行ですので遮断機は15分程度降りっ放しとなりますが、時速15Kmですと30分間降りっ放しとなります。 アメリカの道交法では踏み切りでの一旦停止はありませんので線路で停止の習慣は余りありません。 その為、貨物列車が接近して赤信号が点滅しても遮断機を避けてS-字型に踏み切りを渡る“ばか者”も居ます。 此の為、町中では貨物列車は最徐行をしています。

ビデオをご覧になった方は既にお気付きだと思いますが、機関車は先頭に3両、途中に2両、2両、最後尾に2両の合計9両で駆動しています。

限られた地域を走る貨物列車、例えば農作物の収穫移動や鉄鉱石の採掘移動等に使われている貨物列車は7Km程度又はそれ以上の物も使われていると思われます。


次のサイトにはカンダのCN(カネイデイアンナショナル)とカネイデイアンパシフィック(CP)の貨物列車の長さと安全問題に関して詳しく説明してありますが、CNは此れまで先頭機関車だけで牽引して長さに安全制約があり、此れに対してCPは先頭と最後尾の機関車に依る駆動でより長い貨物列車を安全に運行させ、CPは技術的に優れていて北米で過去13年の内11年最も事故が少なかったそうです。
http://www.nationalpost.com/long+trains/4348592/story.html

風力発電機

ファイル 347-1.jpgファイル 347-2.jpg

写真の後方には風力発電機のプロペラが、その前方にはレストエリアにトラックが4台ほど写っています。 

ここはロスアンジェルから国道10号線を東に約100マイルのパームスプリングスに近い場所で、風が強い日が多く高速道路の左右から周りの山の上まで約4000機の風力発電機が立っているそうです。

この辺り一帯も砂漠地帯で夏は45度前後の気温の日が続きます。 パームスプリングスには立派なゴルフ場が沢山ありますが気温が高い為に夏季は格安の料金でプレーが出来るそうです。

巨大RVパーク

ファイル 345-1.jpgファイル 345-2.jpg

写真はコーツサイト(アリゾナ州)の国道10号線沿いにあるRVパークです。

当然ながら便利の良い場所はお金を取ります。 このRVパークの斜め向かいで1月21日から1月29日までRVショーが行われています。

次のグーグルサイトでコーツサイトの概略が分かると思います。
http://www.google.com/search?tbm=isch&hl=en&source=hp&biw=1048&bih=652&q=quartzsite+rv+show+2012&gbv=2&oq=quartzsite+rv+show+2012&aq=f&aqi=g1&aql=&gs_sm=s&gs_upl=5664l5664l0l7718l1l1l0l0l0l0l0l0l1l1l0

画面上部の“Maps”をクリックしますとコーツサイト付近の衛星写真地図が表示されます。 上の写真は衛星写真地図上中央の道路交差点“A”の上(高速道路沿い)から右下を眺めたものです。

参考:
ラスベガス(ネバダ州)はコーツサイトから北北西に、約215マイル(345Km)です。
ロスアンジェルスは西に、約245マイル(390Km)です。

信号の無い砂漠の道

ファイル 344-1.jpgファイル 344-2.jpgファイル 344-3.jpgファイル 344-4.jpgファイル 344-5.jpg

アリゾナ州のコーツサイト(QUARTZSITE)一帯や更に南のユマ市一帯は冬季は温暖な為、アメリカ北部やカナダから多数のRVがやって来ます。 その為、RVの部品を販売する店やフリーマーケット、並びにRVを修理(窓ガラス交換、オーニング交換、ボデイー修理、塗装等)する店が沢山ありました。

ところが今回行ってそれらの店が激減していた事に気が付きました。 話に依りますとコーツサイトでは数年前にRV部品の販売を禁止したからだと言う人も居ました。

ある部品を探していましたので、約80マイル(約130Km)離れたユマ(YUMA)まで行ってみましたが、無駄でした。 兎角探す時は見つからないものです。
http://maps.google.com/maps?ie=UTF-8&rlz=1T4DKUS_enUS281&hl=en&tab=wl

往きに信号が無い事に気が付きましたので調べてみました。 写真左上の標識にコーツサイトまで74マイルと書かれています。 この先に最後の信号があり、其処からコーツサイトまで73マイル(約116Km)は信号がありませんでした。

写真下は砂漠の中の自動車解体屋で、土地は幾らでもありますので無制限に自動車を野放しにする事が出来ます。

大きなRVパーク

ファイル 343-1.jpgファイル 343-2.jpgファイル 343-3.jpgファイル 343-4.jpg

アリゾナ州は海抜の高い地域を除いて殆ど砂漠で、州西部の中央部分の国道10号線にあるコーツサイトと言う町は砂漠の中にあります。 一般的にBLM(Bureau of Land Management)と呼ばれる政府の管理する土地が沢山あり、場所に依ってはRVパーク用に整備されて居て2週間まで$40程度の使用料を取る所もあります。
http://www.your-rv-lifestyle.com/quartzsite-blm.html

上の写真の様な私営のRVパークも50箇所?以上あると思われます。 駐車だけの場合は1日$7で、電気、上下水完備のサイトは1日$30です。 この場所は約1000台の駐車が可能で、電気、上下水完備サイトは100台分あるそうです。 お金を取りますが、写真左下の様に飲料水給水塔は9個(18台分)、ブラックウオーター(グレーウオーター)ダンプステーションは4台分完備されていて、必要があれば何時でも待たずに使えます。

写真右下の様なBLMは駐車無料で、この様な無料で宿泊出来る場所は無限にあると言っても過言ではありません。

砂漠地帯は3月に入ると暑くなり、夏は気温が40度を超しますのでキャンプ地としてはふさわしくありません。

ページ移動