記事一覧

RV メンバーシップ   その5 FMCA ラリー に集ったRV 続き1

ファイル 795-1.jpgファイル 795-2.jpgファイル 795-3.jpgファイル 795-4.jpg

ラリーに参加しているRVの中には1990年以前のクラスAも在りますが、大半は1990年以降で、更に1990年代からワイドボデイー、即ち2.5m以上の車幅のクラスAが徐々に増しましたので、参加クラスAの恐らく90%以上はワイドボデイーだと思われます。 尚、アメリカの最大車幅は基本的に2.59mですが、日本の最大車幅は2.5mですので、一般的に呼ばれているワイドボデイー即ち8.5フィート(102インチ=2.59m)は日本では違法となります。 

クラスAには大きく分けて2種類あります、即ちガソリンエンジン車とデイーゼルエンジン車で、 外観(写真)を見れば直ぐに分かります。 ガソリン車はエンジンが前方に搭載されて居ますので前面にエンジン冷却用のラジエーターグリルが在りますが、デイーゼルエンジンの場合はエンジンが後方に搭載されて居ますのでラジエーターは後方に付いて前面には空気取り入れグリルが付いていません。 

もう一つの見分けは前輪の位置です。 デイーゼルエンジンは後部に搭載されて居ますので、前方にエンジンが搭載されているガソリン車とは重量配分が異なります、従って車軸が適正な重量を受ける様にデイーゼル車の前輪はガソリン車に比べて後方に付いています。 この為スペースを有効に使う為にデイーゼル車の多くには出入り口が前方(前輪の前)に付いています。 

参考: デイーゼルエンジンが前方に搭載(FRED=FRont Diesel Engine)されて居たり、デイーゼル車の出入り口がガソリン車同様に中央部分に付いている例外もあります。

デイーゼル車、即ちデイーゼル・プッシャー(後部から押す)には通常エアーサスペンションとエアーブレーキが装備されて居ますが、FREDと呼ばれる前方にデイーゼルエンジンが搭載されているクラスAには通常エアーサスペンションもエアーブレーキも装備されて居らず、ガソリン車と同様のリーフサスペンション、並びに油圧ブレーキシステムです。

RV メンバーシップ   その4 FMCA ラリー に集ったRV

ファイル 794-1.jpgファイル 794-2.jpgファイル 794-3.jpgファイル 794-4.jpg

写真はFMCAラリーに集ったRVです。 殆どはクラスAで、ガソリン車/デイーゼル車、古いモデル/新しいモデル、小型/大型、異なるメーカー、異なる州から、様々なRVが来ています。
以前はカントリー・コーチ製が目立ちましたが、この会社は倒産した為に数が減りました。 今回目立った最近のモデルはテイフィン製とニューマー製で、フリートウッド製やウイニベーゴ―製は以前ほど目立ちませんでした。

RV メンバーシップ   その3 FMCA ラリー

ファイル 793-1.jpgファイル 793-2.jpgファイル 793-3.jpgファイル 793-4.jpgファイル 793-5.jpg

先週、FMCAのラリーがアリゾナ州のチャンドラー市(フィニックス市の近く)で行われました。 

アリゾナ州はカルフォルニア州の東隣(北にユタ州、東にニュー・メキシコ州、南はメキシコ国境)の砂漠地帯の州で、グランドキャニオン国立公園(インターステート40号線)で有名ですが、プロ野球に興味のある方はスプリング・トレーニングのテンピ・アリゾナ(Tempe、AZ)と言う地名を聞いた事があると思いますが、ラリーが行われたチャンドラーから直ぐ近くです。 

ロスアンジェルスからチャンドラー迄はインターステート10号線を使って真東に約400マイル(640Km)で乗用車ですと6時間弱で行ける距離ですが、カルフォルニア州はパシフィック時間でアリゾナ州はマウンテン時間の為に時差が1時間、即ち時計を1時間進める事になりますので1時間余分に掛かる計算になります。

ラリーは“ローハイド・ウエスターン・タウン”と呼ばれるイベント・センターで行われ、砂漠の中の広大な場所ですので、恐らく10万台の車を収容出来ると思われます。 FMCAの発表に依りますと今回はカナダを含めてアメリカ国内の各地から2627台のRVが集まり、その殆どはクラスA(99%?)です。 更に、それらのクラスAの殆ど全てが何らかの車(乗用車、SUV、トラック等)を牽引していますのでRVとほぼ同数の車も集った事になります。  

ラリー開催期間は火曜日から金曜日迄で、RVは開催数日前から集まり始めて開催前日は100台程度の行列が出来ます。 行列が出来る第一の理由は多くのRVは3台、10台、中には30台以上のグループ参加する為に広い集合場所でグループ毎に皆が集まる迄待機し、グループが纏まった順に駐車場所に向かって移動して駐車します。 ラリー終了後はそれぞれ勝手に場所を離れて行きますし、近くにインターステート10号線が走って居ますのでそれ程混雑はしません。

ラリーではRVに関する各種(RV選択/購入、安全運転、タイヤ、バッテリー、修理、メンテナンス、トウド牽引、トウド用ブレーキ、旅行案内、RVの火災、保険、料理、キルテイング、手芸、その他)のセミナーがあり、又各種のRV製造会社の展示/即売、RVに関連した部品製造会社の展示/即売、その他ランチやスナックの販売、エンターテーメント等の催しがあります。 これ等を聞いたり見て回るのも良いのですが、RVで囲まれた場所で話(RV旅行経験、故障、修理、知っていると得になる事、???)をしているグループをアチコチで見ます。 早朝は寒い日も在りますが日中は25度Cから30度C前後で、砂漠の乾燥した地域ですので日陰では非常に快適でです。

会場は広大ですので4台の大型観光バスが常時、各RV駐車場所と会場を巡回しています。

RV メンバーシップ   その2 RVクラブ 

ファイル 792-1.jpgファイル 792-2.jpgファイル 792-3.jpgファイル 792-4.jpgファイル 792-5.jpg

RVに関係するメンバーシップの中で最も多いのは各種のRVクラブで、RVerであれば誰でも知っているものに次の様なものがあります。
• グッド・サム・クラブ
昔はRVに関する雑誌と言えばトレーラー・ライフ又はモーターホームでしたが、その雑誌社が始めた古いRVクラブです。 メンバーは国内各地にあるグッド・サム・クラブのサインがあるRVパークに10%-15%の割引の特典があり、昔は最もポピュラーな、そして数少ないRVクラブでした。 現在はRVパークよりもRV保険、ロードサービス等で知られ、RV部品販売で有名なキャンピング・ワールドはグッド・サム・クラブの傘下にあります。

• FMCA(ファミリー・モーター・コーチ・アソシエーション) 
基本的にはモーターホーム(クラスA)のクラブで、現在は最も活気に富んだ活動をしているクラブだと思います。 特別に大きな割引の特典が有る訳ではありませんが、毎月FMCAが発行するRVマガジンが送られて来る他、年に数回FMCA主催のラリーがあります。 今年は既に1月にカルフォルニア州のインデイオで、3月(先週)にアリゾナ州のフィニックスでラリーが開催されました。 ラリーには多数のクラスAが参加、RVに関するセミナー、各種のRV部品販売ブース、新車RVの展示販売、歌や演奏、その他のエンターテーメント等があります。 
フィニックスのラリーには2627台(殆どがクラスA)のRVが参加したそうです。  

参考:
FMCAの“MC”はMotor Coach(モーターコーチ)で、一般的に大型観光バスを意味します。 RV用語ではクラスAの事をモーターコーチ、コーチ、DP(デイーゼル・プッシャー)、バス、その他、お年寄りの中にはウイニベーゴーと呼ぶ人もいます。  クラスAとはクラスCやバンコンバージョンに対する種類を意味する言葉で、クラスA特にデイーゼル・プッシャーの持ち主は自分のRVをコーチと呼ぶ事が多いです。

• エスケーピーズ(SKP=Escapees)
このクラブも古く、主に退職してフルタイム、即ちRVで旅行をしながら生活をしている人に大きな特典があるクラブです。 RVで生活をしますと定まった住所が無い為に郵便物を受け取る事が困難になりますが、これ等の人の為に郵便物を受け取ったり、転送したり、更には郵便物をPDFファイルにしてインターネットで送るサービスや不必要な郵便物を処分して呉れるサービスもして呉れます。 エスケーピーズのクラブが管理する長期間滞在出来るRVパークも在ります。 15年程前迄は活気がありましたが、近年はFMCAに押されている感じです。

• KOA (Kampgrounds of America)
全国に点在するKOAの名称で知られるRVパークで非常に古く、国立公園の近く、大都市内又は近く、大都市間の便利な場所等にあって、一般的に施設はきれいで充実しています。 メンバーになりますと10%の割引でKOAに宿泊出来る為、私が1970年代にRVを始めた当時は無料で貰えるKOAの所在地が記された地図を頼りに必ずと言ってよい位KOAを利用していました。

• パスポート・アメリカ 
このクラブはKOAと同じ様にRVパークのクラブで、会員になりますとパスポート・アメリカに加盟しているRVパークには通常の50%引きで宿泊出来ます。 割合と新しいクラブですが急激にメンバーが増えました。 欠点は色々な制限、即ち土日際日は割引無し、長期間割引無し(場合に依っては3日迄)等の制限が在り、場合に依っては不便な場所にありますが、加盟RVパークは多数ありますので多くのRVerがメンバーになっています。 パスポート・アメリカが出来た頃は会費が安かったので私も大分利用しました。

• フレートライナー・シャシー・オーナーズ・クラブ(Freightliner Chassis Owners Club)
現在、大型クラスAモーターホーム(デイーゼル・プッシャー)に最も多く使われているシャシーはフレートライナー製で、当然メンバーも相当数います。 年に2回のラリーが開催され、メンバーには部品や修理の割引の特典があります。

• RVメーカー別 クラブ
RVやエンジンメーカーのクラブは無制限と言ってよい位多数あります。 
Airstream RV Clubs
Born Free RV Club
Bounders of America
Cat RV Club
Classic Winnebago
Coachman RV Owners Club
Cummins Power Club
Discovery Owners Association
Fleetwood MotorHome RV Clubs
Foretravel Owners Club
GMC Motor Home Clubs
Gulf Streamers RV Club
Holiday Rambler RV Club
Jayco RV Club
Monaco Owners Clubs
Newmar Kountry Klub
Roadtrek International
Safari Motorcoach Club
WIT Club (Winnebago International Travelers)

RV メンバーシップ   その1 ガソリンスタンド(トラックストップ)

ファイル 791-1.jpgファイル 791-2.jpgファイル 791-3.jpgファイル 791-4.jpgファイル 791-5.jpg

アメリカに於けるRV人口は多く、その殆どが少なくとも一つ、多くのRVerは複数のRVに関係するメンバーシップを所有しています。 

RVerが所属するメンバーシップには各種あり、RVパーク(キャンプ場)関係、RV部品関係、RV保険(故障修理)、国立公園、RVメーカー別、RV部品(シャーシーやエンジン)、ガソリンスタンド、その他があり、それぞれ異なる特典があります。  ガソリンスタンドのメンバーシップは無料ですがその他のメンバーシップの多くは年会費が必要です。  

ガソリンスタンド メンバーシップ:
日本では出光、イーノス、シェル等の会社別の割引会員カードが在り、アメリカでも同じですが、その他にトラック専用のガソリンスタンド(トラックストップと呼ばれる)メンバーシップが在ります。 トラックストップは大型牽引トラック専用に出来て居ますので出入りが簡単に出来ると共に、広い駐車場が在りますので駐車して食事、休憩、必要であれば仮眠も出来ます。 殆どのクラスAやフィフスホイールのオウナーは一般ガソリンスタンは使わずトラックストップを利用します。 

次のトラックストップ名はよく知られていて、国内アチコチの高速道路から見える場所に点在して居ます:
• フライイングJ (Flying J Travel Plaza)
• パイロット(Pilot Travel Center)
• ラブズ (Love's Travel Stops & Country Stores)
• TA (Travel Centers of America)
•  その他

例えば、日本からアメリカに行ってキャンピングカーを借りて走り回る場合は、トラックストップ(特にフライイングJ)は非常に便利だと思います。  通常、トラックストップには乗用車用の給油施設も隣接していますので、クラスCやバンコーバージョンのガソリン車でもOKですし、応急修理用の部品、ファーストフード、レストラン等もあります。  昔は、フライイングJにはRV(大型クラスA)専用の給油施設、駐車場、無料ダンプステーション、更に一般ガソリンスタンドより安い燃料を購入出来ましたが、オイル価格が暴落した際に高い燃料を買い過ぎて倒産しかけてパイロットに買収され、その後は燃料価格は高くなり、ダンプステーションは有料になって、RVフレンドリーでは無くなりました。

尚、これ等のトラックストップはメンバーで無くても全く問題なく利用出来ます(宿泊無料)。 当然、色々な人が通過しますので、宿泊をする場合は安全に十分注意をし、出来るだけ人通りの多い、安全と思われる所に駐車をした方が無難です。 又、トラックが沢山駐車している場所は避けて、RVや乗用車専用の駐車場を使用する事をお勧めします。 

フォード製トランスミッション -“E4OD”  その3

ファイル 790-1.jpgファイル 790-2.jpgファイル 790-3.jpgファイル 790-4.jpg

1速から2速に入り難いフォード製トランスミッション“E4OD”に関する続きです。 この件に関して調べてみましたら、ギヤーが入り難い問題と変速時に衝撃が起こる問題は非常に多く、原因はバルブボデイー、ソレノイドパック、クラッチ等、様々の様です。 

トランスミッションの構造は“フォード製トランスミッション‘E4OD’その2”(http://www.net-camper.com/cgi-bin/rv-ken/diarypro/diary.cgi?no=787)でご覧の様に複雑ですので、初心者は勿論、普段からRVのメインテナンスを行っている経験豊富な方に取っても可なりの大仕事です。 バルブボデイーやソレノイドパックに関連した問題の場合はトランスミッションを下さずに取り出す事が出来ますが、クラッチやその他ギヤーに関する問題の場合はトランスミッションを下す必要があります。

トラブルシューテイング
次のサイトに‘E4OD’トランスミッションのトラブルシューテイングに関して可なり詳しく書いてあります。 
http://www.diesel-dave.com/vehic/manual/stj/stj71a24.htm

このサイトの使い方:
このサイトは問題の症状から原因を探る情報や故障原因に関係すると思われる部品又はアッセンブリーを最初のチャート(DIAGNOSIS BY SYMPTOM INDEX)を使って予想します。 この最初のチャートは2系統に分類、電気系(Electrical Routine)即ち電気部品関係は200番台、油圧や機械系即ち油圧や機械部品関係は300番台となっています。 

1.最初の DIAGNOSIS BY SYMPTOM INDEXチャートを使って最も適した症状を選択する。
2.1.で選択した200番台(300番台)の番号に応じた解決手段を二番目のDiagnostic Routines チャートを使って調べる。
3.故障診断をする場合
a.原因に繋がる形跡等の予備検査
b.オーバーヒート、汚れ、その他状況確認
c.ミッションオイルの量確認
d.その他の記述されているテストを行う

4.注意:  電気部品に依る問題の全てがダッシュボードの警告灯(DTC)を点灯するとは限らない。 警告灯に点灯しなくてもリストに表示された部品が原因の場合も在り得る。  従って、油圧や機械部品の項目へ進む前に表示されている電気部品の機能確認が必要。 

電気部品故障の可能性が表示されている場合は常に電気系を先に確認。 注意書き(作業説明)に従う事。 常にOBD2 スキャナー等を使ってトラブル・コードを読み取る。 必ず順番を踏んで、決して作業を跳ばす事はしない事。 必要に応じて点検修理を行う。 電気系の修理をしても故障問題が残って居れば、油圧/機械系の項目に進む。
5.油圧/機械系の部品に関する問題は取り外し順、又は最も可能性が高い順に記されている。 正しい修理をする為には表示されている全ての部品(作業)を検査する必要がある。

以上を元にチャートを使って問題が特定出来るか調べてみて下さい。

注意: “E4OD”トランスミッションには年式に依り僅かに異なる部品が多数使われており、同じ名称の部品でも使えない場合が頻繁に起こる様ですので、部品購入は慎重に行う必要があります。 
ネジ等の締め付けトルクは重要で、絞め過ぎると正常に機能しない箇所も在りますのでトルクレンチが必要な作業もあります。 
トランスミッションの問題がOBD2に記録されている場合もあり、OBD2スキャナー(コードリーダー)がありますとより簡単に的確に問題解決が出来る場合も考えられます。
https://www.google.com/search?q=obd2+code+reader&biw=1280&bih=620&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjF07Dt2ebRAhVjxlQKHXH5C3IQ_AUICCgD


次のビデオも役立つかも知れません。

バルブボデイー
次のビデオは変速の際に強い衝撃がある問題を解決する為に作られたものですが、バルブボデイーの構造、更にバルブボデイー内にあるピストンの構造や機能を知る上でも参考になると思いますし、変速し難い理由はピストンが正常な機能を果たして居ない可能性が十分考えられます。
https://www.youtube.com/watch?v=lqqw7AWzTfc

ソレノイドパック
https://www.youtube.com/watch?v=_CnFAcVO20E
https://www.youtube.com/watch?v=kk4hOEUKjoI
https://www.youtube.com/watch?v=XBjLzrUX5ZI
https://www.youtube.com/watch?v=RGV9N8WxjjQ

キャンピングカー  その2

ファイル 789-1.jpgファイル 789-2.jpgファイル 789-3.jpgファイル 789-4.jpg

ラリー会場に来ているキャンピングカーで、その殆どがクラスAです。
昨年は1500台集まったそうですが、今回は800台との事です。 殆どのサイトは30アンプの電源があり、電源付は1日$25です。

キャンピングカー

ファイル 788-1.jpgファイル 788-2.jpgファイル 788-3.jpgファイル 788-4.jpgファイル 788-5.jpg

写真はクラス A モーターホームの集まりです。