記事一覧

キャンピングカー

ファイル 788-1.jpgファイル 788-2.jpgファイル 788-3.jpgファイル 788-4.jpgファイル 788-5.jpg

写真はクラス A モーターホームの集まりです。

フォード製トランスミッション - “E4OD”  その2

ファイル 787-1.jpg

トランスミッションは複雑な機械構造と繊細な油圧経路から成り立っていて、修理をするには準備をする必要があると思いますが、ある程度の修理経験と機械的/電気的常識があるRV愛好家であれば修理は可能と思われます。 

“E4OD”オートマチックトランスミッションは最初のエレクトロニック制御のトランスミッションで、その全体像が分かる様に次のユーチューブ・ビデオ(約45分)を掲載します。 ビデオを製作した人はトランスミッションに関して非常に知識豊富で、“E4OD”の全体像を知るには最適だと思います。https://www.youtube.com/watch?v=9AtMWIYXmsk


参考:
説明に依りますと、同じ“E4OD”でも細部の部品は年式に依り異なるとの事です。
ビデオに登場した“E4OD”は大量のオイル漏れを起こした為に持ち込まれた物で、以前修理した際に間違ったフロント・オイルシールが使用された事が原因と説明されています。
各種のデイスクセット、並びに他の部品は良い状態との事で、適正なオイルシールが使われていてオイル漏れが起こらなければ問題無く走り続ける事が出来たと説明されています。 

変速が異常な状態の原因は様々で、このビデオの様にトランスミッションを下して内部の部品を取り出す必要は無い、即ちトランスミッションを下さずにオイルパンを外すだけで問題を解決出来る可能性は大いにあると思われます、如何に幸運かと言う事でしょう。 
 
エンジンやトランスミッションを頻繁に下している専門家には大した事は無いと思われますが、我々RV愛好家に取っては大変です。 私が40数年前にブルーバードのボルグワーナがスリップを起した際は限られた工具で、今考えると良くデスクを交換出来たと恐ろしく思いますが、幸運でした。 記憶に残っているのはケースの中のドライバーが入り難い所にある強いスナップリングをプライヤー無しで外すのに苦労した事です。 トランスミッションを開くには当然、スナップリング・プライヤー程度の工具は必要です。 

次回は問題解決の可能性がありそうな情報を探して書きます。
今週は出掛けて来ますので投稿は遅れます。

フォード製トランスミッション - “E4OD”

ファイル 786-1.jpg

フォード製トランスミッション - “E4OD” は1980年代後半から1990年代後半の重量級のフォード製トラック、バン、RVに搭載され、当然日本に輸入されたその年代のフォード製シャシーのRVにはこのトランスミッションが搭載されている可能性は大です。 

今回、ネットキャンパーのメンバーから、このトランスミッション(“E4OD”)がファーストギヤーからセカンドギヤーに入り難く、エンジンが高回転になってセカンドに入ると直ぐにサードに入るとの事でした。

私も過去にオートマチックトランスミッションの異常と修理を経験した事が3回程あります。
一度目は購入して間が無いボルグワーナー製オートマチック・トランスミッションを搭載した、11万マイル(17.5万Km)走行した中古の1972年製日産ブルーバードワゴン車(510)で、上り坂ではスピードが出ず、トランスミッションを開いたところ5-6枚入っていたクラッチデイスクの内2枚のコルク状の表面が擦り減って金属目が露出して居り、最悪の状態の2枚を交換する事で直りました。
二度目は1969年製オールズモビルで、変速時のエンジン回転数が高かったり低かったり一定しない事と変速時には大きな衝撃があり、この時は添加剤を加えて正常に戻りました。 私は漏れ止め等の添加剤の使用は嫌いですが、この時は治らなくても良い積りで使い、予想した通りに油圧ピストンの動きがスムーズになったらしく、幸いにも良い結果となりました。 オイルパンのネジを外してフィルターの交換をした記憶がありますので、添加剤を加えた後トランスミッション・オイルを交換したと思います。
三度目は同じオールズモビルがトップギヤーに入らなくなり、原因はバキューム・モジュレーター内のゴム製ダイヤフラムが破れてバキューム・モジュレーターが機能を失ったと同時にエンジンがバキュームモジュレーターから吸い込んだトランスミッションオイルを燃焼してテールパイプから白煙が噴き出し、その煙はトランスミッションが焼ける匂いがしていました。 この時はバキュームモジュレーターを交換する事で直りました。

今回のネットキャンパーのメンバーが経験している問題は2通りの原因が考えられます。 一つは機械的な問題、即ちトランスミッションの変速を行う油圧ピストンがゴミ等でスムーズに動かない状況になっている可能性、もう一つは電気的な問題、即ち変速を促すソレノイドが正常に作動していない可能性です。 前者はトランスミッションオイルのオーバーヒート、内部部品の摩耗、外からのゴミの混入等に依る汚れが考えられ、後者はソレノイドブロックの異常が考えられます。

私は自分の車が故障を起せば修理をします。 昔は中古車ばかりを買いましたので修理をよくしましたが、最近は耐久性が良くなって殆ど壊れません。 従って、修理の経験、特にトランスミッションの様な修理の経験は余りありませんし、知識も限られています。 

今回はネットに出ている、E4ODの故障原因や修理に役立ちそうな情報を集めてみます。 それ等を読んだり見たりして頂きますとある程度の故障原因や修理方法の予想が付くのでは無いかと思いますし、又修理を自分で出来るか否かの予想も判断出来るのでは無いかと思います。

次回は上の問題を解くカギになりそうな情報を探して書きます。 

ローズ・パレード  日本からも参加

ファイル 785-1.jpg

明けましてお目出とう御座います。

日本でお正月恒例となっているものと言えば箱根駅伝で、今年も青山学院が優勝し、3年連続の総合優勝の快挙を成し遂げました。 映像は見れませんでしたが、私もネットの速報で各校の走者を追いました。 

米国のお正月恒例と言えばロスアンジェルスのパサデナと言う地区で行われる、現在はホンダ自動車が主催していますローズ・パレードで、毎年アメリカ全土にテレビ放映されています。 
https://www.tournamentofroses.com/events/roseparade

このパレードにはバラ(ローズ)の花を主とした多数の花で飾られた大きく、大掛かりな仕掛けが凝らされたフロート(山車)が40台前後出て、多数の観客をアッと言わせます。 装飾に使われる花は約20億本、世界中から集まる人の数は約70万人と言われています。 フロートは多数の観客が見る5.5マイル(8Km)のコースを走り抜けた後、パレード後にも見れる様に大きな広場に整然と並べられます。 全てのフロートを見るには約2.5マイル(5Km)を歩く事になり、2時間程度掛かります。 フロートは通常、2-3日展示されています。私も40年以上前に2回程見に行った事がありますが、それ以後はテレビで見、最近はニュースで見る位です。

このローズ・パレードに昨年に続いて、今年も県立岐阜商業高校の吹奏楽部が出演して居ます。 https://www.youtube.com/watch?v=2MSUFJl4LT8

又、保険会社からはクラスA RVも出演しています。
https://www.youtube.com/watch?v=cMnWgkAf_Vo

ローズ・パレードは1890年に始まり、毎年1月1日に行われますが、1日が日曜日と重なる場合は”ネバー・オン・サンデー”で2日に行われます。 宗教上、日曜日は教会に行ったり働かない人が居る事が理由と考えている人も居ますが、実際は1893から”ネバー・オン・サンデー”が始まり、その理由はパレードが行われた沿道にある教会に来ている馬達を怖がらす事を避ける為だったそうです。 尚、1日が日曜日に重なって2日に変更になったのは今回が15回目だそうです。

ロスアンジェルス(南カルフォルニア)は11月から2月に掛けては雨季で、日本の梅雨時期程は降りませんが、年に依っては頻繁に雨が降ることもあります。 それにも関わらず、ローズ・パレードが行われる日は毎年天気に恵まれ、今年で128回開催されていますが雨の為に中止になった事は一度も無いそうです。 尚、1895, 1899, 1906, 1910, 1916, 1922, 1934, 1937, 1955 and 2006年は雨が降ったそうです。 従って、1955年以来、60年以上の間で1回だけ(2006年)雨が降った事になります。


ローズ・パレード全体を見たい方は次のビデオをご覧下さい(約2時間)。
https://www.youtube.com/watch?v=lE2zfalswko

ハッピー・ニューイヤー

ファイル 784-1.jpg

魚釣りの友人から面白いビデオが届きましたのでご紹介します。
https://www.youtube.com/embed/tSiAnJBGc7w?wmode=transparent&fs=1&hl=en&modestbranding=1&iv_load_policy=3&showsearch=0&rel=0&theme=dark&hd=1&blocked=true


私は魚釣りが大好きです。
にも拘わらず、人が苦労して釣り上げた魚が逃げられるのを見て何故面白いのでしょう?
私は人が悪いのでしょうか?

理由が分かる様な気がします。
RVで旅に出て故障を起こして立ち往生をした際に何時も自分に言い聞かせる事は、“良い思い出になる”と“時間が解決して呉れる”です。 写真に残して於こうと思いますが、何時も忘れます。 僅かに残って居る立ち往生をした際の写真を見ますと、嫌な思い出では無く、良い思い出、懐かしい思い出です。
魚に逃げられた事や、RVが壊れた事や、その他色々な嫌な出来事も時間が経つと良い思い出に変って行きます。
面白く感じても悪くは無いのでしょう。


今年も大晦日となりました。 
後半は内容の乏しいブログになって仕舞いましたが、お付き合い下さり有難う御座いました。

来年も宜しくお願いします。
RVken

タイヤ 空気圧

ファイル 783-1.jpg

最近は、冬に入る前に冬用のタイヤに履き替える人も多い様ですが、タイヤ交換をしない人も必ず空気圧を調べる必要があります。 タイヤとバッテリーは高価ですので、一寸した気配りをする事で両者の寿命は大きく伸びて車両維持費を大きく下げる事が出来ます。 即ち、タイヤの場合は空位圧、バッテリーの場合は電圧を適正値以下に下げない事で多額の出費を減らせます。 又タイヤバーストの最大原因は低空気圧で、バーストを起せば車体への損害どころか人身事故にも繋がりかねません。

空気圧と温度:
タイヤは走行中の摩擦で温度が上昇しますし、タイヤ空気圧は気温(タイヤ温度)によって可成り変化します。 この為にタイヤ空気圧は走行前にチェックをする必要があります。 更に、夏の間に調整したタイヤ空気圧は冬には15%前後下がっている可能性は大いにあります。 従って、今の時期ですと夏に調整した空気圧では低過ぎて、タイヤの異常摩耗どころか、バーストに繋がる可能性もあります。

適正空気圧は通常運転席横の柱に表示されていますので、この数値を元に調整します。
夏の間に調整した空気圧が全てのタイヤで同じ程度下がっている場合は温度が理由で、漏れは無いと判断して先ず間違いありません。
参考:
タイヤの側面に記されている空気圧は最大空気圧で、適正空気圧はこの数値より低い数値です。 
気温や走行中のタイヤの熱に依り最大空気圧を超える事は問題ありません。

夏にロスアンジェルスからカナダに行く場合は40度前後の砂漠地帯を走り、カナダに入って気温が低い場合はタイヤに空気を足す必要がある場合もあります。 バーストを考えての理由もありますが、極端に寒い時は早朝に温度が下がって装備しているタイヤ空気圧モニターが警告音を発する事があるからです。 
アメリカではタイヤ空気圧モニター(TPMS=Tire Pressure Monitoring System)を取り付けているRVや大型輸送トラックは多く、走行中に何らかの理由で設定空気圧より25%下がりますと警告音を発します(メーカーにより異なる)。 

カナダで滞在中に空気圧を高くした場合、帰りのシアトルの悪路では乗り心地が悪くなり、砂漠地帯でも高温の為に空気圧が上昇して乗り心地が悪くなりますので、カナダの国境を過ぎた辺りで空気を減らす必要があります。


タイヤ空気圧調整:
冬が近付いてタイヤ空気圧を調整する際は調整時の気温も考慮すると良いかも知れません。 即ち、冬の特別暑い昼間に調整する場合は少々高目に、気温が極端に低い日や寒い早朝に調整する場合は少々低目に調整すると良いでしょう。

乗用車の場合は空気圧が少々高目でもそれ程乗り心地に影響は有りませんが、RVの場合はタイヤが硬い為に乗り心地に影響が出ます。 エアーサスペンション付きRVでも悪路では空気圧が乗り心地に大きく影響します。 振動や大きな衝撃はRVの走行部品、装備、その他の故障を誘発させますし、当然サスペンションや車体の寿命も短くします。

是非タイヤ空気圧をチェックし、適正空気圧に調整しては如何でしょう。

アメリカのタイヤは日本のタイヤより柔らかい?

ファイル 782-1.jpg

以前、“タイヤ - 微量の空気漏れ - 前回の続き”を書いた際に次のYoutube 動画を引用しました。 https://www.youtube.com/watch?v=CMvzPeBkvGk

このビデオに関して、ネット・キャンパーのメンバーより次のご意見を頂きました。
“動画の中で使用されるビードブースターも持ってますが、ビードが上がらない時に使うだけで、日常的には使いません。日本のタイヤよりビードが柔らかいように感じますが?”

私は経験不足でコメントできる立場ではありませんが、感じた事を書きます。 
トラック用(22.5インチホイール)タイヤを7回程、ホイールから外した事がありますが、メンバーがおっしゃる通りこの動画に出てくる古いタイヤも新しいタイヤも私が経験したタイヤより非常に柔らかいと思います。  ビードをリムから外す際に大きなハンマーを使ってタイヤを叩いたりミニバンをタイヤに乗り上げて一苦労します。 ミニバンを乗り上げても外れなかった時はアーバープレスト2x6の板(棒)を使って外した事もありました。

ビードがホイールから外れた後も、動画で見る様にタイヤはブヨブヨしていません。 その為タイヤに空気を入れる際は又一苦労します。 私はビードブースターを持って居ませんのでタイヤの外周にラチェット・ストラップを巻いてタイヤを扁平にする事でビードからの漏れを減らして空気を注入しますが、トラックタイヤは硬いので大きな力を加えないと変形(扁平)しません。

動画に登場するタイヤは相当距離を走って、新しいタイヤもリトレッドで柔らかくなっているのでは無いかと感じます? この様に柔らかければ、私でも苦労をせずに取り外しが出来ます。

アメリカでも住友、トーヨー、ヨコハマ、その他日本で製造されたタイヤが沢山走っています。尚、日本のタイヤの評判は非常に良く、特にRV界ではトーヨータイヤが安くて良いとの評判で、私も2セット使用しました。

従って、日本と全く同じだと思われます。 

蛇足:
トラックタイヤに比べて乗用車のタイヤは柔らかいのですが、サイズが小さい為にホイールからタイヤを外すのは大変で、私はトラックのタイヤ交換の方が楽で時間が掛からない気がします。

RV パーク の写真 その1

ファイル 781-1.jpgファイル 781-2.jpgファイル 781-3.jpgファイル 781-4.jpg

アメリカには色々な種類、又は目的のRVパークがあります。 長距離を移動中に体を休める目的、観光地の近くの宿泊を目的、山/川/湖/その他自然の中で楽しむ目的、その他大都心に近い所にあるものもあります。

今回(次回)添付する写真は全て長距離移動の途中で泊まったRVパークで、高速道路に近くて電気/上水/下水が完備した宿泊だけを目的とした場所です。 長期間滞在をしている人も居ますが、多くの人は1日、又は2日程度の滞在で次の目的に移動していると思います。 時には早朝5時頃に出て行く人も居ます。

チェックイン時間は通常昼過ぎに決まっていますが、多くのRVパークは朝9時頃から受け入れて呉れます。 便利の良い場所のRVパークは少なくとも5時前に空きが無い場合もありますが、田舎町では何時でも泊まれますし、又、7時(8時)を過ぎると管理人が居らず、入口に空きスペースの番号が記してあり、翌朝支払いが出来る様な場所も少なくありません。

私の場合、長時間走る時はレストエリアやトラックストップ(トラック専用ガソリンスタンド-広い駐車場がある)で寝て、翌朝早く出掛ける事もあります。 RVパークで宿泊した場合は朝早くエンジンを掛けると近所迷惑になりますが、レストエリアやトラックストップではその様な心配は要りません。