記事一覧

ヘッドライトのくもり(くすみ)を取り除く

ファイル 914-1.gifファイル 914-2.gif

 近年車のヘッドライトは、樹脂レンズが主流になり、デザイン性も格段に良くなってきた。その反面、樹脂レンズの経年劣化により黄色く変色してライトがくすんでくるのが難点。
 写真は、初年度登録から10年以上経過したヘッドライト。
 かなり、変色しライト内部の輝きも見えないほどになってきているが、くすみを取ればほぼ新車と同じ輝きが再生できる。

阿武町道の駅RVパーク コイン式電源

ファイル 913-1.gifファイル 913-2.gifファイル 913-3.gifファイル 913-4.gif

 道の駅発祥の地、山口県阿武町の道の駅。
 ここは、道の駅の始まりらしい。
 駐車場は広大で、温泉やレストラン、プール、商店など施設は充実しており、利用者も多い。
 特に、RVパークというキャンピングカー専用の駐車場(有料)があり、その駐車スペースにコイン式の電源がある。
 コンセントは、20Aまで使用でき、1時間100円。非常にわかりやすい料金形態。
 早速RVパークとコイン式電源を使用してみる。
 昇圧トランスを使い、115Vに昇圧。
 Dometic製ルーフエアコンを使用してみたところ問題なく連続運転ができ、非常に快適。室内のコンセントの電圧は、104.5V前後まで電圧が降下した状態ががこの時期にエアコンが動かせる電源を備えているのは、とてもありがたい。

ハイゼットカーゴのエアコンコンプレッサー交換修理

ファイル 912-1.jpgファイル 912-2.jpgファイル 912-3.jpgファイル 912-4.jpgファイル 912-5.jpg

今年は、暑い夏ですね。
人もクルマも熱中症でしょうか。。。

仕事用のハイゼットカーゴもエアコンコンプレッサーからガラガラと異音が出てしまいました。

もう走行距離も17万キロだから仕方ないですかね。

とりあえず、コンプレッサーをヤフオクで探しまして、ハイゼット用は中古でも非常に高いので、アトレーワゴン用の事故車から低走行で格安のコンプレッサーをゲットしました。

うちの息子も整備士を目指してまして、うちの作業車ならとエアコンコンプレッサーを交換させましたが。。。

作業中にぱちンと、音がしたから見てみましたら、コンプレッサーオイルが漏れていました。息子が取り付け時にネジを締めているときの出来事です。ミスです!ネジを均一に締める所を1ヶ所だけしっかり締めていたらしい。。。怒りましたが後の祭りです。

仕方ないので、異音が出ていたコンプレッサーと、アトレーワゴン用の脚が破損したコンプレッサーをニコイチすることにしまして、分解し使える部品のみを使用し組み込み完了。車輌に取り付け規定のオイルを入れ、真空引き、ガス充填し作業を終えました。

もう3ヶ月ぐらい絶ちますが、今のところ異常はありません。息子には勉強させられてる毎日です。。。

ハイゼットカーゴの電動ファンモーター修理

ファイル 911-1.jpgファイル 911-2.jpgファイル 911-3.jpgファイル 911-4.jpgファイル 911-5.jpg

仕事で使っているハイゼットが、電動ファンモーターの不良でエアコンが効かなくなりました。

朝早くから取りはずし、モーターをばらしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝早くに外したハイゼットの電動ファンのモーターをO/Hしてみた。

部品が17000円もするから、さすがに新品は止めようと思い、カーボンブラシを取り出してスーパービバに買いに行ってもらいました。

息子にノギスで計りながら、若干大きめのカーボンブラシを選んでもらいました。

ノーマルのブラシを観察しながら、鉄ヤスリで削り出して最適の大きさに。。。

それからハンダでブラシを取付けて電源機で始動!

電流と電圧を調整しながら慣らし運転、それから取付けてかれこれ30分の試運転。

異常無さそうなので、明日は組つけてみます!


部品代は380円でした。


やっぱり技術って素晴らしいね

オートキャンプ場の電源でアメリカ製ルーフエアコンを回す・・・・

ファイル 910-1.gifファイル 910-2.gif

 これまでのまとめ・・・・
①オートキャンプ場のコンセントに125Vの昇圧トランスを接続してキャンピングカーのルーフエアコンを起動。
②5分前後でエアコンのコンプレッサーが起動し、電圧は90V以下に一瞬落ちる。
②その後、104V前後で推移。徐々に電圧が落ち10~20分前後でコンプレッサーの保護回路が働きエアコン停止。この時の電圧が90V前後。

邪道とは思いながら・・・・昇圧トランスを2個直列で昇圧してみる。
1台は、125V昇圧トランス、その次に115Vの昇圧トランス。
①まずは、125Vに昇圧し、ルーフエアコンのスイッチをON。
②5分前後でルーフエアコンのコンプレッサーが入ったと同時にもう一台の昇圧トランス(115V)のスイッチをONにして昇圧。
コンプレッサーが回り、100Vまで落ちた電圧が113Vにで出力され、5時間以上連続運転ができた。

昇圧トランスを使いルーエアコンを回した電圧変化

ファイル 909-1.gifファイル 909-2.gifファイル 909-3.gif

キャンプ場の電源は、100V20A。
ルーフエアコンのスイッチを入れると、約5分後くらいにコンプレッサーがONになるとブレーカーが落ちる。
そこで、トランスを使い電圧を120V に変換しキャンピングカーに送りエアコンのスイッチを入れてみる。
ファンが回り出した段階で電圧が若干降下するものも、5分後にコンプレッサーがONになる。その際、一瞬90V台になるが、すぐに回復。
コンプレッサーが回り始め冷風が出てくる。
その後約20分間、キャンピングカー内はかなり冷えてきたが徐々に電圧降下が始まった。ついには、コンプレッサーの保護回路が作動しエアコン停止・・・つづく。

昇圧トランス改造

ファイル 908-1.gif

 写真の昇圧トランスは、20Aの使用が可能だが、コンセントは1次側、2次側ともに15A。トランスの能力を最大限に発揮できるように、1次側を5.5SQのキャプタイヤに交換し、本体の裏に穴をあけて、トランスの2次側出力を30Aのコンセントに変更する。

トランスを使い、100Vを125Vに昇圧。

ファイル 907-1.gif

 アメリカ製キャンピングカーに搭載されているルーフエアコンは、120V仕様。
 100Vで使用すると消費電流が大きくなるためエアコンのコンプレッサーが入ると、分電盤のブレーカーが落ちてしまう。
 電圧を上げるため、125Vに昇圧するトランスを使用する。
 

オートキャンプ場の電源でアメリカ製ルーフエアコンを回せるか・・・

 九州は、すでに梅雨に入り蒸し暑い日が続いている。
 オートキャンプ場のAC電源でルーフエアコンが回せるか・・・。
 今回検討した方法は、昇圧トランス125V 出力、20Aの本体を改造して、15Aコンセントを使わず、本体横に30A用コンセントを付け、キャンピングカーに5.5sqのキャブタイヤケーブルで引き込む計画。ちなみに、ルーフエアコンは、120V 17Aの13500BTU。

ETCレーン

ファイル 905-1.gif

 週末の九州自動車道のとある高速道路の出口。
 ETCレーンは、通行可能にもかかわらず車の通過がなく数台並んでいるのは一般ゲート。

地震

九州地方の方々、地震は大丈夫ですか?

大きな地震だったみたいでしたが、津波は大丈夫そうて良かった。

余震には気を付けてください。


NEWS速報見て、5年前の東北の震災を思い出してしまいました。

サンフライヤーのONAN発電機 その②

ファイル 903-1.jpgファイル 903-2.jpgファイル 903-3.jpgファイル 903-4.jpgファイル 903-5.jpg

サンフライヤーのONAN発電機が、車輌購入してから
全く掛からず、前のブログ更新で本体を降ろしたと
書きましたが、今回はその後どうなったか???

。。。書いていきたいと思います!


セルモーターは回り、音と雰囲気からして、エンジンの圧縮には自信がありました。

なので、推測ではありますが、燃料系統か点火系統だと容易に判断しました。

まずは定番の、スパークプラグを2本とも外しました。
それからプラグコードにスパークプラグを装着し、ブースターケーブルでプラグを挟んで、エンジンにアースしましてクランキング。。。

自分はスパークプラグを直接的にエンジンの金属に当ててアースするのが好きでありません。

スパークが見ずらい、震動でアース不良、手で持っているとスタンガン仕様に泣かされる。心臓にも悪いからね。

だからブースターケーブルで火花が見易い場所で、目視確認を容易するためにケーブルでプラグを挟む癖があります。

話は変わりましたが、プラグから火が出ません。
何度もクランキングしましたが、両シリンダー共に火花は出ませんでした。

たまたま軽自動車のイグニッションコイルがありましたので試しに繋ぎ変えて、同じ要領でクランキング!

微かですが火が確認出来ました。

しかし弱いです。
こんなに弱い火花ではエンジンの圧縮には勝てない気がしていました。そこでコイルに繋がるプラス配線の電圧をテスターで測定したら高くて7ボルトぐらいしかありません。手元には発電機の整備書が無かったのですが、普通のクルマの修理時を思い出しましたが、やはり12ボルトぐらいはあるかと。。。

イグニッションコイル以外に問題点があるのかも知れないのですが、そうなれば大変な修理になると何となく感じました。

そこでひらめいたのですが、今主流のプラグコードを廃止し、ダイレクトイグニッションコイル化を考えたのです。

日産のロールのダイレクトイグニッションコイルが転がっていたので2個使用しました。

さっそく、仮で配線を考えてエンジンベンチしてみました。

https://youtu.be/rHVFykIlmP8


また止めたときにコイルが首振りするので、ステーも制作、手作り感丸だしです。。。


そして。。。

最近、サンフライヤーに載せてみました。
動画は小さいですが💧見てください。

https://youtu.be/cl5UXH8FBaU

まだ、気になる所があるので時間を見ながら
手を加えて行きたいと思います!

発電はしっかり出来ています。

またベアリングのメンテナンスも、分解出来ない所は
シールを優しくめくり外し、グリースを入れて見ると
音が格段に静かになります!

もちろん、グリースを入れましたら、しっかりシールをベアリングに載せて指で押して装着します。

はみ出たグリースを拭いて完了です。

またグリースは用途により見合う物を使用しましょう!