記事一覧

クラスAバルテラサイドミラー 改造

ファイル 837-1.gif

 米国製キャンピングカーのミラーは平面鏡が使われており、曲面ミラーに慣れた日本人には、なかなかなじめない。
 また、クラスAは、フロントバンパーがミラーでは、見えない。
 これらを解消するために、ミラーを曲面レンズに交換。さらに、フロントバンパーが見えるようにアンダーミラーを追加。

キャンピングカー用トイレにシャワートイレを付ける その2

ファイル 836-1.gif

 キャンピングカー用トイレにリモコン仕様のシャワートイレ取り付け完了。

キャンピングカー用トイレにシャワートイレを付ける

ファイル 835-1.jpg

 キャンピングカーにシャワートイレ(ウォシュレット)を取り付けるにあたり、陶器製のSealand Travelerは、便器後部の出っ張りが邪魔して取り付けできない・・・?

シャワーフォーセット使いすぎ・・・・

ファイル 834-1.jpg

 写真は、シャワーの蛇口部分。かなり使いこんだ様子。

シャフロウォーターポンプ使いす過ぎ・・・

ファイル 833-1.jpgファイル 833-2.jpgファイル 833-3.jpgファイル 833-4.jpgファイル 833-5.jpg

 キャンピングカーの水廻りの重要な部品のウォーターポンプ。
 写真は、かなり使いこんだものでモーター自体が回らない。
 分解してみると、ブラシが摩耗し外れた状態。
 ウォーターポンプは、ブラシ方式のため使用が増えれば、当然ブラシが摩耗する。
 ブラシを交換するれば修理できる可能性は、かなり高いがまたほかの部分が壊れる可能性があるため、フロージェット社製ウォーターポンプに交換。

キャンピングカー車検証に「牽引可能なキャンピングカー重量」の記載

ファイル 832-1.gif

 キャンピングカーで、キャンピングトレーラーを牽引する・・または、その他の車両を牽引する場合、届け出が必要とり車検証にそれが記載されることになる。
 車検証に記載されれば、重量および制動装置などの一定条件が合えば、知り合いのトレーラーを借りて牽引することが可能となる。
 通常、普通車の場合は、製造元メーカーが諸元表の詳細データをもっており、それをもとに計算書を作成、陸自に提出すれば牽引の可否と重量などを記載してくれる。手数料は、書類代40円のみ。
 しかし、キャンピングカーとなると架装後の制動距離などが変わってしまうため、ビルダーでそのようなテストを行いデータを持っているところは、まずない。
 特に輸入車となるとデータがないため、なおさらである。
 写真は、並行輸入クラスAに牽引可能なトレーラーなどの記載を取得したもの。
 ちなみに、陸自へ出す書類は次のサイトの計算書に計算し、陸自の検査官へ提出する。その後、計算に間違いやデータに不備がなければ記載される。
http://wwwtb.mlit.go.jp/hokushin/niigata/kennsa/shoshiki_2/document/01trailer.pdf#search='%E7%89%BD%E5%BC%95%E5%8F%AF%E8%83%BD%E3%81%AA+go.jp'

E350用ホイール到着

ファイル 831-1.jpg

 輸入依頼品、フォードE350アルミホイール到着しました。
 近日中に発送します。

トラベルトレーラー

ファイル 830-1.jpg

 30フィート前後のトラベルトレーラー。最近のモデルは、スライドアウトも多い。

アメリカ豪華最新クラスA

ファイル 829-1.jpg

 豪華な装備や内装のクラスAの新車展示場。
 フロントディーゼルエンジンやディーゼルプッシャーなど、高価な車両が並ぶ。
 残念ながら、幅、ドアなどの関係で日本では登録できない。
 

豪華アメリカ製キャンピングカーの内装

ファイル 828-1.jpgファイル 828-2.jpgファイル 828-3.jpg

 米国の新車RV展示場の最新クラスAの内装。

豪華最新クラスAキャンピングカー

ファイル 827-1.jpgファイル 827-2.jpg

 写真は、最新モデルのクラスA。床は、セラミックタイル、ダブルスライドアウト。レザーシート。内装は、これまでのクラスAと比較にならないほど豪華。

キャンピングカー用品と言えば、キャンピングワールド

ファイル 826-1.jpgファイル 826-2.jpg

 本場アメリカのキャンピングカー用品店と言えば、キャンピングワールド。日本にはない部品や入手困難な部品などとにかく豊富な品ぞろえ。